FC2ブログ

オメガ王国

ノベルゲームの感想・批評(主にシナリオの)サイトです。管理人はSSオメガ。御用がおありの方はメールフォームからどうぞ。【制作者向け】【レビュー】のタイトルがついている記事ではネタバレを含んでいます。ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】Ritterorden【制作者向け】

 体験版ということで、オープニング部分の批評。
 中世ファンタジーだが、基本的にファンタジー要素はエリクサーぐらいしかない。良くも悪くも平凡な設定なので、ここに魅力を見いだすことは難しいだろう。(注1)
 体験版のシナリオ全体から見ると、新しいキャラクターの登場やエリクサーの騎士が近くにいることが判明するシーンなど、多くのイベントがちりばめられていて飽きのこないストーリーになっている。
 体験版における一番の見所はクリスタルの感情の揺れではないだろうか。今まで憎んできた騎士達(というよりは、戦争に自ら進んで従事している人々全般か)が実際に会ってみれば思っていたよりも優しい人達ばかりでどうすればいいのかよく分からない、というような戸惑いがよく表現されていた。物語の最後は急展開だったが、エリクサーの騎士が登場する場面で変に長い演出をせず、簡潔にすませていたのは好印象。展開のスピード感とエリクサーの騎士の正体が判明する驚きの二つがあった。
 登場人物はみな個性ある面々であることだし(特に、クリスタルは意外とお茶目で面白い)、本編をプレイしたくなる、という点でも良シナリオだった。

(注1) 当然のことであるが、奇抜すぎる設定は理解しにくい。とっつきにくい。

・感情表現[フラッシュバック系]
 Ritterorden 体験版の見所として取り上げたクリスタルの感情の揺れ。ゲームの一場面において、クリスタルが騎士のことはやはり嫌いだ、と思うシーンがあり、そこではフラッシュバックとやや似たような現象が描写されている。ノベルゲームは基本的に会話文主体でテンポ重視ということもあり、このような表現はこのゲームと同程度でも構わないだろうが、地の文主体の人なら感情の動きの一つとしてしっかり描写したいところだ。
 記憶が思い出される描写のポイントは

(1)起点の有無:何か記憶を思い出す原因となるものがあったかどうか。
(2)思い出し方:フラッシュバックのように唐突かつ無意識に思い出すのか。それとも、意識しておだやかに思い出すのか。
(3)鮮明さ:どの程度の鮮明さで思い出すか。

 といったところだろう。ここで一番問題になるのは(3)の鮮明さではないだろうか。シナリオ上登場人物達が鮮明に記憶を思い出している設定だったとしても、書き手が丁寧に描写しなければプレイヤーには全く伝わらないものである。シナリオライターの皆様には、シナリオ上その回想シーンではどこを丁寧に描写すればいいのか、力点を置くべきポイントはどこなのか踏まえた上で描写していただきたい。

[フラッシュバックについての説明 以下、wiki より抜粋]
 フラッシュバック (flashback) とは、強いトラウマ体験(心的外傷)を受けた場合に、後になってその記憶が、突然かつ非常に鮮明に思い出されたり、同様に夢に見たりする現象。心的外傷後ストレス障害(PTSD)や急性ストレス障害に顕著である。
 フラッシュバックという用語は過去に起こった記憶で、その記憶が無意識に思い出されかつそれが現実に起こっているかのような感覚が非常に激しいときに特に使われる。フラッシュバックが起きた場合には、必ずしも映像及び音が存在するとは限らない。記憶には様々な要素があるため、フラッシュバックは「恐怖」などといった感情や味覚、痛覚など、感覚の衝撃として発生し得る。
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://sougensekai.blog.fc2.com/tb.php/26-8535d551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

お知らせ

1/28:ゲームのレビューを一つ追加。
1/27:ゲームのレビューを一つ追加。
1/25:ゲームの感想を二つ(とあるノベルのレビューサイト、魔王と勇者がいた世界)追加。Blueのレビュー、紛失して見当たらないぞ。どこいったー。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。