オメガ王国

ノベルゲームの感想・批評(主にシナリオの)サイトです。管理人はSSオメガ。御用がおありの方はメールフォームからどうぞ。【制作者向け】【レビュー】のタイトルがついている記事ではネタバレを含んでいます。ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】図書館列車【制作者向け】

 1話完結形式で9話編成のノベルゲーム。1話1話がコンパクトにまとまっており、作風も全編でほぼ一貫されている。
 各シナリオは問題と解決によって成り立っているが、その解決への過程では無理矢理な部分が多々存在した。答えを出すことが難しい問題に対して容易に答えを出してしまっているのが一番の原因だ。シナリオの説得力が大幅に削がれている。一つの事柄だけで解決することのできない多元的な問題ではなく、一元的で解決が簡単な問題を取り上げるべきだっただろう。そうすれば、プレイ時間を変えることなく、同時に説得力を持たせることができたはずだ。
ちなみに、8話だけ他の健全な話と違って狂気に満ちていた。シナリオの構成は他と変わらないのでやや迷うところだが、抜いておくべき話だったのではないだろうか。
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://sougensekai.blog.fc2.com/tb.php/29-aa476eae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

お知らせ

1/28:ゲームのレビューを一つ追加。
1/27:ゲームのレビューを一つ追加。
1/25:ゲームの感想を二つ(とあるノベルのレビューサイト、魔王と勇者がいた世界)追加。Blueのレビュー、紛失して見当たらないぞ。どこいったー。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。